夏のイベント

紫外線を浴びすぎて目が充血して痛い!様々な悪影響と浴びない対策

投稿日:2018年7月3日 更新日:

目

海水浴をやっていて、特に目に海水が入ったわけでもないのに充血して痛い!

何てことはありませんか?

それって、紫外線が原因かもしれませんよ。

多くの人は肌への紫外線対策はしているんですが、目も紫外線の攻撃を受けています。

Sponsored Links

紫外線を浴びすぎて目が充血して痛い!

「紫外線を浴びすぎて目が痛い!」

っていう症状って何かのまずい病気なんでしょうか?

スキー場や海水浴場で強い太陽光を浴びたり、目が長時間直接紫外線にさらされたために、角膜の表面が傷つく病気があります。

これを雪眼炎と言います。

紫外線を浴びた後、普通は6~10時間程度で涙が出る、目が充血、痛くてまぶしいなどの症状が出ます。

この症状があった時には、すぐに眼科を受診してください。

処方される点眼液を使用すれば、1~2日でよくなります。

他に紫外線の目への悪影響って?

日常的に紫外線を受け続けると、白内障につながっていくこともあります。

白内障は水晶体が白く濁ってくる病気です。

失明にもつながってしまう、こわーい病気です。

年配の人の病気っていうイメージの白内障ですが、若い人の間でも増えてきています。

近年の紫外線の強さが、目を攻撃しているんです。

この他にも目の日焼けと言われる「瞼裂斑」

白目に黄色いシミができてしまいます。

これだけでは、恐れることはありませんが、翼状片になる場合もあります。

こうなると失明する危険性もあり、すぐに眼科での治療も必要です。

ただの外出っていうだけでも、目は紫外線の攻撃を受けています。

むしろ、肌に受ける紫外線の影響よりも大きいと言えます。

Sponsored Links

紫外線が目に入らないようにする対策は?

あなたでも、少しはわかっていると思いますが、UVカットのサングラスやメガネ、コンタクトレンズをするという事がまずは必要ですね。

そして、少し驚きかもしれませんが色の「濃い」ものより「薄い」ものを使用しましょう。

濃い色のものは瞳孔が開いてしまうので、紫外線が侵入しやすくなってしまうんです。

それから、サングラスを選ぶときも目をしっかり覆うタイプのものを選ぶようにしてください。

隙間からの紫外線の侵入だけでも、目は傷つけられてしまいます。

つばのある帽子や日傘を使うっていうのも有効な手段です。

まあ、暑い時には熱中症の危険もあるのでその意味でも帽子は必要ですけどねー。

また、UV対策用の目薬もありますので、お医者さんに処方してもらうといいですよ。

自分の目は自分で守らないといけませんねー。







まとめ

紫外線の影響で失明するところまで行ってしまう事もあるんです。

日頃から、肌だけでなく目も紫外線対策をする必要があります。

サングラス、メガネ、コンタクト、目薬を使って防御しましょうね。

 

Sponsored Links

-夏のイベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バーベキューで炭の種類とおすすめは?家族4人で使う量は?

  家族4人でバーベキュー! 子供たちも大喜びですよね。 そして、お父さんの腕の見せ所でもあります。 でも、ほぼ初心者( ノД`)シクシク… 一番気になるのは、火をちゃんとつけることができる …

うなぎの代用にさんまといわしはどう?なまずって栄養ある?

ここ何年も、土用の丑の日になると「今年もうなぎが高騰」って聞こえてきます。 うなぎの魅力って、やっぱり脂が乗ってふっくらしてとろけるような食感と、蒲焼のタレの完璧なまでのハーモニーですよね。 うな重っ …

敏感肌で日焼け止めが使えない!サプリの効果って本当?おすすめは?

敏感肌で紫外線を浴びたくない! 本当は海水浴に行きたいけど、日焼したら大変な事になってしまうので仕方なく諦めてしまっている。 あなたのその気持ち本当によくわかります。 敏感肌って人によってその原因も違 …

バーベキュー火のつけ方を知らない初心者でも簡単に炭をあやつれる?

アウトドアの季節です。 世の中のアウトドア好きのお父さんたちは子供たちを連れて、家族連れでバーベキューを楽しみます。 そして、アウトドアが趣味でないと思っているあなたでも、やってみたいという気持ちは持 …

仙台七夕まつりとはどんな祭り?飾りの意味と楽しみ方は?

東北三大祭りと言えば、青森のねぶた祭りと秋田竿燈まつり、そして仙台七夕まつりです。 青森ねぶた祭りと秋田竿燈まつりはとても勢いのある勇壮なお祭りです。 それに比べて、仙台七夕まつりは落ち着いた印象のお …

最近のコメント

    お問い合わせ

    お問い合わせはこちら